産後は無理なくダイエット

日頃のちょっとした意識でダイエット

女性の場合には、妊娠すると、体重が一気に増加してしまうこともあります。

これは、お腹の中で赤ちゃんが育つための羊水などの重さもありますし、赤ちゃんのために倍は栄養を取らないといけないため、しっかりと食事を取るようになることも関係しています。

また、悪阻が治まると、その反動でとにかく食べたくなる妊婦さんも少なくありません。

そのため、妊娠前に比べると、10キロ、20キロほど増えてしまい、出産前の服を着ることが出来ないと嘆いている人もいるようです。

けれど、産後すぐにダイエットをするには、育児などに時間も取られますし、極端な食事制限などは、ママの身体にも影響が出る恐れもあります。

そのため、あまり極端にならず、少しずつダイエットを開始していくのも良いでしょう。

意識して野菜を取るようにしましょう!

出産後は、育児や家事などで忙しい人も多くなる時期でもあり、早い人ならば、仕事に復帰すると言う人も中にはいるかも知れません。

けれど、忙しいために、ついつい惣菜などを多くとったり、育児などのストレスから、好きなものばかりを食べていると、やはり身体にはあまり良くないものです。

そのため、しっかりと栄養バランスを考え、野菜も日頃から取るようにしましょう。

電子レンジ専門の調理器などを利用すれば、簡単に温野菜を作ることも出来ますので、野菜が不足していたり、赤ちゃんの離乳食などを作る際には、ママも一緒に野菜をたっぷりと取ることを心がけないといけません。

毎日続けることが出来ることなども取り入れよう!

産後は子宮が収縮して、小さくなる時期でもありますが、ビッグなベビーがお腹にいたり、双子や三つ子の妊娠の場合には、それに伴って子宮も拡大しますので、なかなか子宮の出っ張りも元に戻りにくいものです。

そのため、一年経っても、お腹がぽこんと出ている経産婦さんも中にはいます。

しかし、洋服などを着る際にも、お腹の大きさが気になってしまうことも多いかと思います。

けれど、上記のように極端なダイエットをするのは危険ですので、出来るだけ自然に元の体型に近づけるような方法を試しましょう。

例を挙げるならば、寝る前に軽くストレッチをするのも良いものです。

それに、お腹周りの引き締めには、コルセットを利用するのもおすすめです。

最初はキツク感じるかも知れませんが、なれてくると、コルセットをしないと落ち着かないようになり、自然に体型も整えることが出来ます。

妊娠中からできることもあります

妊娠中は食事置き換えなどのダイエットはもちろん出来ませんが、ちょっとした意識で産後ダイエットのしやすさは変わります。

妊娠中から産後にかけて悩まされる方の多い便秘もダイエットには障害になりますから、おなかの健康を意識した食事をすることもダイエットにつながります。

妊娠中の青汁使用は、食物繊維が豊富でおなかによく、おすすめです。
また、それだけでなく、鉄分やカルシウム、葉酸などといった、妊婦さんが不足なく摂取したい栄養も青汁には含まれています。

本格的なダイエットは産後がんばるとして、妊婦さんのうちから、ちょっとだけ気を配るだけで、その後のダイエットのしやすさに影響を及ぼします。