ママも赤ちゃんにも良い事

妊娠期間中、合計で8kg程体重が増えました。

妊娠初期は、つわり等もあり体重が減りましたが、安定期に入り、食欲が出て来て、お腹の赤ちゃんの事を考えると

激しい運動は出来ませんでした。

妊娠後期に入ると、食べたものがすぐに体重に反映されるほど、みるみるうちに増加していきました。

胎児や胎盤、羊水がどの程度の重さかはわかりませんが、結局の所妊娠期間中には8kgの増加となりました。

いざ出産をし、産院で初日から体重のチェックがありました。

初日の時点でマイナス5kgでした。ですので、自分の体についた脂肪は3kgとなりました。

しばらくは母乳の生活で、更に初めての育児にてんてこ舞いで、出産後1か月程で妊娠前までの体重に

戻る事が出来ました。

更に赤ちゃんに栄養が取られているのがはっきりわかるかのように、痩せていきました。

母乳という一種のダイエットのおかげで、無残な姿になる事はありませんでした。

しかし、お腹の伸びきった皮や、皮下脂肪は処理出来ません。

泣いている赤ちゃんをあやす為、立って抱っこするのに手が腱鞘炎になってしまったり、うまく揺らす事が出来なかった為、

どうしたら良いものかと考えた結果、「バランスボール」を使って、赤ちゃんをあやそうと思いつきました。

もともと体幹を鍛えるのにも良いと言われていた「バランスボール」。

赤ちゃんを抱っこしたまま、常にバランスボールに座り、上下左右動いていました。

赤ちゃんの全体重を腕だけに負担かけるのではなく、両腕に抱えて抱っこしたり、太ももに乗せてあげたりと

だいぶ腱鞘炎も回復しました。

心地よい揺れと動き、更にお母さんとは常にくっついているので、安心しているせいか、良く寝てくれました。

寝かしつけの際、必ずといって良いほど、バランスボールに乗っていました。

リビングの他に、寝室用にもバランスボールを購入しました。

最初は赤ちゃんの為と思ってやっていたバランスボールでしたが、気付くと私自身の体重も更に減少し、

たるんだ皮下脂肪も引き締まり、産後歪んでいた骨盤までもが矯正され、一石二鳥どころかもっと良い結果が生まれました。

本当にバランスボール様様の日々でした。

2回出産して分かった産後の体重の減らし方

1人目の時は臨月で+16キロ、出産後退院時5キロ減って+11キロでした。

母乳で育てていたため「好きなだけ食べても体重は減るでしょ♪」とのんきに構え、食べたいだけ食べて食欲は妊娠前の3倍に。運動もせず育児と家事だけの生活、体重はなかなか戻りませんでした。母乳効果で1年2か月でようやく10キロ減ったところで、2人目の妊娠が発覚します。

2人目は臨月で+17キロ、出産後退院時4キロ減って+13キロでした。

産後4か月の現在、体重は12キロ減って+1キロです。1人目よりもとても早いスピードで体重を落とすことに成功しました。

3つのことに気を付けて生活するだけで、体重を減らすことができたのです。

まずは、骨盤をベルトできちんと締めること。

私は骨盤ベルトを使いました。正直、あれって面倒です。お手洗いのたびに装着し直さなくてはいけないのが邪魔くさくて、1人目の時は1か月もたたないうちにやめてしまいました。今回は外出時以外のほぼ毎日骨盤ベルトで引き締めています。3か月たったくらいからお尻が小さくなったのに気が付きました。

次に、食欲のコントロールです。産後はしっかり食べて母乳を出さなくては、という固定概念から、前回は本能のままに食べてしまい、胃がどんどん大きくなってコントロールすることが難しくなってしまいました。今回は栄養バランスの整っている食事を1人前より少なくも多くも摂らない事を意識しました。白米をおかわりしたくても、食事を切り上げる。すると胃が大きくなることもなく、食欲も妊娠前と同じくらいに戻ります。1人前はしっかり食べることで変にお腹もすかなくて間食も減り、母乳もきちんと出ました。

最後は、足腰を鍛えること。床上げまでは安静にし、床上げ後からどんどん動きました。特別な運動はしていません。家事と育児のみです。でも1人目と違うことは、歩く量が倍くらい違います。ついつい産後でダラダラしがちですが、休むばかりではなく、動くことも大切にしました。買い物に歩いて行ったり、拭き掃除をまめに行ったり、子供と散歩したり。激しい運動は行っていません。動いて疲れたら、無理せず休んでいます。最初は産後の肥立ちによる運動不足で筋力が低下し、少し動くだけで疲れてしまい億劫に感じていました。それでも意識して歩いているとだんだん鍛えら、体力が戻ってきます。

これだけで体重はちゃんと戻ります。そして現在も減り続けています。

骨盤をしっかり締めて、食べすぎないよう気を付けて、足腰を鍛えることを心がける。無理のないように、皆さんもお試しください。

お腹のたるみを引き締めたい

妊娠中はある程度の体重増加は赤ちゃんのために必要です。体重管理をしっかりし、出産直前には8キロほどの増加で済んだ方でもお腹の皮はかなり伸びます。あまり体重も増えなかったし、自然に戻るだろうと思っていたら大間違いです。産後、時間が経てば体重は戻ると思います。しかしお腹の伸びきった皮はほっておいたら戻りません。引き締めるためのマッサージをしましょう。私が実践した方法を紹介します。

まず皮膚を引き締めるためのオイルを用意します。私が使用したのはヴェレダのシェイプオイルでした。インターネットで調べて、口コミが良いものが多かったのが決め手でした。

次にマッサージの方法です。まずおなかを円を描くように優しくクルクルとなでるようにします。オイルが全体にのびてきたら、次にウエストのくびれの部分を親指と人差し指でつまむように少しずつ場所をずらしながら、痛気持ちいいぐらいの加減でマッサージしていきます。お腹の脂肪が柔らかくなっていくのを感じたらその手の形のままくびれからおへそに向かって脂肪を真ん中に集めるようにおしこんでいきます。そのときは結構力を入れてください。最後にお腹の中心を上下にさするようにします。

このマッサージは簡単なので一回5分ほどでできると思います。お風呂あがりなど、身体が温まっている時の方が効果的なので是非試してみてください。

産後、体重は戻ったのにお腹がたるんだままで水着が着れない!なんてイヤですよね。なにもしなければ伸びた皮が勝手に戻ることなんてありません。普段は人に見られないし、赤ちゃんのお世話で自分のことなんて後回し…なんてことにならないでください。産後半年から一年が勝負です。この時期は身体が元の体型に戻ろうと頑張ってくれる時期です。その時期を逃すともう元に戻すのはかなり難しくなります。赤ちゃんのお世話も大事ですがママの身体のケアの時間も大切です。

骨盤矯正で妊娠前よりスリムで健康的に!

妊娠前から骨盤の歪みによる身体の不調や下半身太りに悩まされていた私…
妊娠中から出産後は妊娠前よりスリムになってやる!と意気込んでいました。

完母で育てていた私はもちろん食事制限などできず… 産後1ヶ月までは本格的な運動などもできないなと思っていました。
なので産後1ヶ月間は妊娠中に購入した骨盤ベルトなどを着用して、それに加えて軽いストレッチやヨガをやっていました。

産後1ヶ月が経って子宮収縮が確認されてから、カイロプラクティックに通いました。
そこで身体の検査をしてもらったところ、脚の長さは左右3cmほどずれていて、骨盤も緩んでさらに歪みもあり…
背中も歪みもあり生理的湾曲が弱く、首に至っては先生に驚かれるほど歪んでいました。

こんなに歪んでいては今まで様々なダイエットを試してきましたが何をやっても痩せるわけもなく… 通院して全身の歪みを矯正してもらうことになりました。

私が通っていたところは1回1時間の施術で4000円ほど。 回数券の購入もできます。
カイロプラクティックは接骨院などで行う施術と違い、痛みが少ないです。マッサージのような感覚ですね。なので気軽に通うことができました。

週1回~2週間に1回のペースで半年ほど通い、産後半年経ったころには妊娠前の体重より1kg痩せていました。
体重だけでなく、気にしていた下半身もほっそりとして妊娠前に履けなかったズボンが履けるように! また全身の歪みをとったことで、歪みからきていた不眠症や腰痛、生理痛などの様々な身体の不調もほとんど改善されました。

姿勢もよくなったおかげで友人からも褒められました。 矯正前に比べて体型もスリムになり姿勢もよくなり身体の不調も改善… 一石三鳥です!

今はもうカイロプラクティックに定期的には通っていませんが、また身体が歪んでしまわないように普段から良い姿勢を心がけて適度な運動は欠かさないようにしています。

産後ダイエットに試したい方法

産後、出産前の体型に戻るまでには個人差があります、おおむね3ヶ月~6ヶ月という事例が多いです。

無理なく続けられる方法はいくつかありますが、ここでは、

  1. 骨盤を矯正する
  2. 母乳をあげる
  3. 栄養を摂る
  4. 適度な運動をする

以上の4つについて、詳しく見ていきましょう。

骨盤矯正をする

 骨盤が開いたままの状態では、体重が減ってもお腹周りに脂肪が残ってしまいます。

 骨盤矯正ベルトや、補正下着を着用してゆっくり引き締めていきましょう。

母乳をあげる

 母乳の成分のほとんどは水分です。水分補給をすることで、母乳の出も良くなります。

 早期職場復帰、母乳の量が少ないなど完全母乳が難しいケースもありますが、

 母乳は赤ちゃんが吸って刺激を与えると出るしくみになっています。

 おフロで乳頭や乳腺をマッサージしたり、ハーブティーを摂ります。

 ハーブはフェンネル・レモングラス・ルイボス・ダンデライオンなどの成分が

 母乳に良いとされていますが、市販品でマタニティ用にブレンドした商品もあります。

 

栄養を摂る

 適切な量と質の食事を摂ることが、お母さんと赤ちゃん双方にも健康によいことです。

 間食やおやつは、市販のおかしは甘味料が含まれてるので、

 果物を摂るようにします。

 お茶や麦茶で水分を摂り、おにぎりや蒸かしたいももオススメです。

適度な運動をする

 新生児期は、ベランダやお庭で少しづつ外気浴させて、徐々に外気にならします。

 直射日光は避け、お天気の良い穏やかな日を選び、短時間から始めます。

 赤ちゃんの首が座り、お母さんもだっこが上手になったらいよいよお出かけデビューです。

 赤ちゃんがお腹いっぱいで、睡眠が取れている状態がよいです。

 人のいない空いた時間帯に、ベビーカーで近所の慣れた道や、公園などがよいです。

 買い物や、銀行の用事など人混みの多い場所へ行くときは、なるべく短時間で済ませます。

家族が増えて喜びもひとしおです。赤ちゃんと二人三脚で、キレイなママを目指しましょう。

 

産後ピラティスできれいなママに

産後、体重はもちろん体形の崩れが気になる方も多いと思います。私自身二人の出産を経験しましたが、体重は産前に戻ったはずなのにお腹はぶよぶよ、骨盤も開いてしまったせいか昔履けていたパンツがきついなどなど、主に下半身の崩れが気になりました。

そこで体形を戻すことに注目して、おすすめしたいエクササイズはズバリ「ピラティス」です!

以前から体を動かすことが好きな人ならともかく、産後にダイエットしたいからといきなり激しい運動をするのはやはり無理があります。その点ピラティスなら、特に器具も必要なく好きなときに好きな場所で気軽に行えます。エアロビクスのように飛んだり跳ねたりもないので、赤ちゃんが寝ているときでも静かにエクササイズに励めるのもポイントだと思います。

ピラティスとは体幹を鍛えるエクササイズで、ヨガに似ていますが、ヨガは精神的なリラックスに重点を置いており、ピラティスは体づくりに重点を置いているのが大きな違いです。

初心者はDVDを買ったりエクササイズ本でやり方を学ぶのももちろん良いと思いますが、簡単に動画サイトなどで「ピラティス」と検索すればたくさん出てきます。レベルも時間も様々ありますので、まずはちょこっとのぞいてチャレンジしてみてはいかがでしょう?

数十分の運動で、けっして激しい運動ではないのですが、うっすら汗をかいてきます。腕、お腹、太ももなど、部分的なピラティスも可能なので、特に気になるところを重点的にやるのも良いと思います。

効果は人それぞれだと思いますが、お腹と二の腕はやせたというか締まっててきたという実感がありました。

そして最後に一番大切なことだと思いますが、産後体重を戻したい、やせたいという思いだけで食べ物でダイエットをすることはあまりお勧めできません。授乳中の方はもちろん、子育てに体力は必須です。きちんとごはんも野菜も食べてバランスの良い栄養を取ることが、結果的に美しい体にもつながるのだと思います。健康的で美しいママを目指しましょう!

骨盤から始める産後ダイエット

妊娠・出産によりついてしまった余分なお肉。元気な赤ちゃんを産むために必要だったとはいえ、できることなら、すっきり落とし、以前のスタイルを取り戻したいと思うのが女心です。

出産時には、赤ちゃんを外に出すため、一時的に骨盤が開き、赤ちゃんが産道を通る隙間ができます。この開いた骨盤は、通常、3~4ヶ月である程度元に戻るのですが、体の歪みや姿勢など、ちょっとした習慣できれいに戻らないことがあります。骨盤が開いたままだと、内臓が正しい位置に収まらず消化が悪くなったり、血流が低下し、脂肪が燃焼されにくくなったりします。そのため、ついてしまった余分なお肉が落ちにくくなるだけでなく、太りやすい体質になってしまうのです。

そこで、試していただきたいのが、「骨盤ダイエット」。開いてしまった骨盤を正常な位置に戻し、痩せやすい体質へ導いてくれます。

産後の骨盤ダイエットの方法

「骨盤ダイエット」は、悪露が落ち着く産後2ヶ月頃から、骨盤の位置が定着してしまう6ヶ月頃までを目安に行います。ただし、産後の体はデリケートですので、無理は禁物です。

まず、骨盤を正すために腰に巻く骨盤ベルトやガードルタイプのリフォームインナーを使い始めましょう。これらの矯正下着は、ダイエットへの効果だけでなく、腰痛対策にも一役買ってくれます。ポイントとしては、骨盤ベルトはきつく締めすぎないこと、リフォームインナーの場合は、苦しくないよう適切なサイズを使用することです。リフォームインナーについては、ホック等でサイズ調整可能なタイプを購入すると体型の変化に対応でき、長期的に使うことができます。

また、骨盤を矯正するのとともに、並行して、骨盤を支える筋肉を鍛えるため「骨盤エクササイズ」を行います。おすすめなのはエクササイズとして、Mikacoさんが提唱するインスパイリングエクササイズです。このエクササイズは、特別な器具もいらず、部屋の広さも問わないので手軽に始められます。これを行うことによって骨盤の位置を矯正しながら、骨盤を支えるインナーマッスルを強化することができます。

骨盤を正して、おなか周りについてしまった余分なお肉を落とし、産後のすっきり体型を目指しましょう。

赤ちゃんと共に

妊娠で28Kg太り、出産後も3Kgしか減らなかったのでお腹周りはもちろんですが、お尻や腰回り、太ももにまで脂肪が沢山付きセルライトで醜い体型になってしまっていました。

「出産したら直ぐにダイエットを始めれば良いか。」なんて簡単に考えていました。

「母乳を沢山あげると自然と痩せるから大丈夫!」とも考えていたので頑張って母乳を与えていましたが、全く体重は減らず、お乳の為にと周りからの差し入れで太る一方でした。

赤ちゃんの世話をしていると、なかなかダイエットに費やす時間やお金も無いのが現状で、何とか痩せる方法は無いものか?
入浴も赤ちゃんも一緒に入ることが多かったので、汗をかく事も無く代謝は落ちる一方で体重は増える一方。

家事に育児に忙しい中で、どうしたら痩せることができるのか。

鏡を全裸の時に見たときに、自分の体型にがっかりしてしまい、産前の洋服がワンピースしか着れなくなってしまい、かえってお金がかかる事に自分自身の中のダイエットに火が着きました。

赤ちゃんと一緒にできるママのダイエット

まず家事をしている間は、爪先立ちを意識して、お腹に力を入れ、お尻を閉める事を心掛けていました。

椅子に腰かける時には赤ちゃんを膝に乗せた状態で抱っこして、背骨を真っ直ぐになる事を意識しておっぱいを与えたり、泣いている時にも、泣いていない時にもなるべく抱っこをして、赤ちゃんに重りの負荷をかける代わりになってもらい、抱っこひもは落とす事の危険を回避するため利用しますが、おんぶしている時も、赤ちゃんに顔を見せるようにウエストをひねって話しかけてみたり、前抱きをする時には赤ちゃんも顔を見て話しかけながら最初は浅くスクワットをしたり、赤ちゃんが寝る時の横で足先に色が派手な、ぬいぐるみや玩具を足で挟み、赤ちゃんに見せるようにベットの赤ちゃんに見せるように足を上げ下げしてみたりして、腹筋を使っていました。

1ヶ月を過ぎた頃から体重は少しですが減りだして、これだけ頑張っているのに少ししか体重が減っていなくてガッカリした反面、体型が締まってきてウエストはくびれ、太ももが細くなってきた事、腰回りのお肉が減ってきて、履けなかったジーンズが履けるようになり、3カ月で体重は20kg減っていました。まだ3kg減ってはいませんが、産前より体型はスリムになりました。

何事も赤ちゃんとコニュニケーションを取りながらしていたので、辛くはなく楽しくダイエットできました。

腰痛にも効くダイエット

赤ちゃんのお世話って、無理な体勢になることが多いですよね。ベビーバスでの入浴や、日に何度もするオムツ替えではすぐに腰が痛くなるし、長時間の抱っこや授乳で肩がバリバリなんてことも。

産後は気軽に出かけられないので、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動はまず無理です。しかも有酸素運動は長時間連続でやらないと脂肪が燃焼しないので、細切れにしか自分の時間が取れない産後ママには向いていません。

産後に向いているダイエット方法とは?

短時間でも効果ありで、しかも家でできるダイエット。しかも腰痛や肩こりにも効いて、リバウンドしにくい。さらに体力もつくので、赤ちゃんのお世話でも疲れないなんていう夢のようなダイエット方法、それは筋トレダイエットです。

おそらく妊娠中は運動を控えていて筋肉も体力も落ちてしまったという方が多いと思います。

育児は体力勝負です。筋トレで怪我も予防できる筋肉と元気に育児に取り組める体力をつけましょう。
しかも筋トレは、気軽に家の中でできますので、赤ちゃんが寝ている間の30分でもOKです。しかも筋肉は負荷をかけた後休ませることで、壊れた筋肉が修復されて増えていくので、毎日やらなくてもいいんです。休むのもトレーニングのうちだと思うと気が楽ですよね。

ワンダーコアなど1台で色々な筋トレに使えるマシーンがあるといいのですが、なければ自分の体重を負荷にして筋トレをすることもできます。基礎代謝量を効率良く上げるためには、腿などの大きな筋肉を鍛えることが有効なのですが、腿の筋肉を鍛えるためにはスクワットが効きます。このときに腰を痛めないように、お尻は突き出す形にして、曲げたひざがつま先より前に出ないようにします。その体勢でゆっくりと3秒くらいかけてひざを曲げていき、また3秒ほどかけてまっすぐに立ちます。それを何回か繰り返します。赤ちゃんを抱っこしながらやるのも、適度に負荷がかかっていいと思います。

腹筋

腹筋は、寝た体勢で3秒かけて脚を45度くらい上げてまた3秒かけて下ろすのを繰り返します。これも赤ちゃんをおなかに乗せたままやってもいいですね。

二の腕・肩

腕や肩は、ソファやベッドに手をついてひざまずきます。そして腕立て伏せのように3秒かけてゆっくりひじを曲げてまた3秒かけて伸ばす運動を繰り返します。このゆっくりやるところがポイントで、筋肉が硬くなってプルプルしてきたら成功です。

簡単な有酸素運動

筋トレの後に有酸素運動をすると脂肪を燃焼しやすいので、できれば筋トレの後に足踏みでもいいので有酸素運動を取り入れるといいですよ。そして筋トレをした次の日は、トレーニングはせずに筋肉を休ませます。その間、筋肉をつけるのに効果的なたんぱく質を欠かさないように摂りましょう。

腹筋は腰痛予防、腿の筋肉はひざ痛予防、肩の筋トレは肩こり解消と、育児の中で起こりがちな痛みにも効くので筋トレはとってもおすすめです。