ママも赤ちゃんにも良い事

妊娠期間中、合計で8kg程体重が増えました。

妊娠初期は、つわり等もあり体重が減りましたが、安定期に入り、食欲が出て来て、お腹の赤ちゃんの事を考えると

激しい運動は出来ませんでした。

妊娠後期に入ると、食べたものがすぐに体重に反映されるほど、みるみるうちに増加していきました。

胎児や胎盤、羊水がどの程度の重さかはわかりませんが、結局の所妊娠期間中には8kgの増加となりました。

いざ出産をし、産院で初日から体重のチェックがありました。

初日の時点でマイナス5kgでした。ですので、自分の体についた脂肪は3kgとなりました。

しばらくは母乳の生活で、更に初めての育児にてんてこ舞いで、出産後1か月程で妊娠前までの体重に

戻る事が出来ました。

更に赤ちゃんに栄養が取られているのがはっきりわかるかのように、痩せていきました。

母乳という一種のダイエットのおかげで、無残な姿になる事はありませんでした。

しかし、お腹の伸びきった皮や、皮下脂肪は処理出来ません。

泣いている赤ちゃんをあやす為、立って抱っこするのに手が腱鞘炎になってしまったり、うまく揺らす事が出来なかった為、

どうしたら良いものかと考えた結果、「バランスボール」を使って、赤ちゃんをあやそうと思いつきました。

もともと体幹を鍛えるのにも良いと言われていた「バランスボール」。

赤ちゃんを抱っこしたまま、常にバランスボールに座り、上下左右動いていました。

赤ちゃんの全体重を腕だけに負担かけるのではなく、両腕に抱えて抱っこしたり、太ももに乗せてあげたりと

だいぶ腱鞘炎も回復しました。

心地よい揺れと動き、更にお母さんとは常にくっついているので、安心しているせいか、良く寝てくれました。

寝かしつけの際、必ずといって良いほど、バランスボールに乗っていました。

リビングの他に、寝室用にもバランスボールを購入しました。

最初は赤ちゃんの為と思ってやっていたバランスボールでしたが、気付くと私自身の体重も更に減少し、

たるんだ皮下脂肪も引き締まり、産後歪んでいた骨盤までもが矯正され、一石二鳥どころかもっと良い結果が生まれました。

本当にバランスボール様様の日々でした。

2回出産して分かった産後の体重の減らし方

1人目の時は臨月で+16キロ、出産後退院時5キロ減って+11キロでした。

母乳で育てていたため「好きなだけ食べても体重は減るでしょ♪」とのんきに構え、食べたいだけ食べて食欲は妊娠前の3倍に。運動もせず育児と家事だけの生活、体重はなかなか戻りませんでした。母乳効果で1年2か月でようやく10キロ減ったところで、2人目の妊娠が発覚します。

2人目は臨月で+17キロ、出産後退院時4キロ減って+13キロでした。

産後4か月の現在、体重は12キロ減って+1キロです。1人目よりもとても早いスピードで体重を落とすことに成功しました。

3つのことに気を付けて生活するだけで、体重を減らすことができたのです。

まずは、骨盤をベルトできちんと締めること。

私は骨盤ベルトを使いました。正直、あれって面倒です。お手洗いのたびに装着し直さなくてはいけないのが邪魔くさくて、1人目の時は1か月もたたないうちにやめてしまいました。今回は外出時以外のほぼ毎日骨盤ベルトで引き締めています。3か月たったくらいからお尻が小さくなったのに気が付きました。

次に、食欲のコントロールです。産後はしっかり食べて母乳を出さなくては、という固定概念から、前回は本能のままに食べてしまい、胃がどんどん大きくなってコントロールすることが難しくなってしまいました。今回は栄養バランスの整っている食事を1人前より少なくも多くも摂らない事を意識しました。白米をおかわりしたくても、食事を切り上げる。すると胃が大きくなることもなく、食欲も妊娠前と同じくらいに戻ります。1人前はしっかり食べることで変にお腹もすかなくて間食も減り、母乳もきちんと出ました。

最後は、足腰を鍛えること。床上げまでは安静にし、床上げ後からどんどん動きました。特別な運動はしていません。家事と育児のみです。でも1人目と違うことは、歩く量が倍くらい違います。ついつい産後でダラダラしがちですが、休むばかりではなく、動くことも大切にしました。買い物に歩いて行ったり、拭き掃除をまめに行ったり、子供と散歩したり。激しい運動は行っていません。動いて疲れたら、無理せず休んでいます。最初は産後の肥立ちによる運動不足で筋力が低下し、少し動くだけで疲れてしまい億劫に感じていました。それでも意識して歩いているとだんだん鍛えら、体力が戻ってきます。

これだけで体重はちゃんと戻ります。そして現在も減り続けています。

骨盤をしっかり締めて、食べすぎないよう気を付けて、足腰を鍛えることを心がける。無理のないように、皆さんもお試しください。

お腹のたるみを引き締めたい

妊娠中はある程度の体重増加は赤ちゃんのために必要です。体重管理をしっかりし、出産直前には8キロほどの増加で済んだ方でもお腹の皮はかなり伸びます。あまり体重も増えなかったし、自然に戻るだろうと思っていたら大間違いです。産後、時間が経てば体重は戻ると思います。しかしお腹の伸びきった皮はほっておいたら戻りません。引き締めるためのマッサージをしましょう。私が実践した方法を紹介します。

まず皮膚を引き締めるためのオイルを用意します。私が使用したのはヴェレダのシェイプオイルでした。インターネットで調べて、口コミが良いものが多かったのが決め手でした。

次にマッサージの方法です。まずおなかを円を描くように優しくクルクルとなでるようにします。オイルが全体にのびてきたら、次にウエストのくびれの部分を親指と人差し指でつまむように少しずつ場所をずらしながら、痛気持ちいいぐらいの加減でマッサージしていきます。お腹の脂肪が柔らかくなっていくのを感じたらその手の形のままくびれからおへそに向かって脂肪を真ん中に集めるようにおしこんでいきます。そのときは結構力を入れてください。最後にお腹の中心を上下にさするようにします。

このマッサージは簡単なので一回5分ほどでできると思います。お風呂あがりなど、身体が温まっている時の方が効果的なので是非試してみてください。

産後、体重は戻ったのにお腹がたるんだままで水着が着れない!なんてイヤですよね。なにもしなければ伸びた皮が勝手に戻ることなんてありません。普段は人に見られないし、赤ちゃんのお世話で自分のことなんて後回し…なんてことにならないでください。産後半年から一年が勝負です。この時期は身体が元の体型に戻ろうと頑張ってくれる時期です。その時期を逃すともう元に戻すのはかなり難しくなります。赤ちゃんのお世話も大事ですがママの身体のケアの時間も大切です。

骨盤矯正で妊娠前よりスリムで健康的に!

妊娠前から骨盤の歪みによる身体の不調や下半身太りに悩まされていた私…
妊娠中から出産後は妊娠前よりスリムになってやる!と意気込んでいました。

完母で育てていた私はもちろん食事制限などできず… 産後1ヶ月までは本格的な運動などもできないなと思っていました。
なので産後1ヶ月間は妊娠中に購入した骨盤ベルトなどを着用して、それに加えて軽いストレッチやヨガをやっていました。

産後1ヶ月が経って子宮収縮が確認されてから、カイロプラクティックに通いました。
そこで身体の検査をしてもらったところ、脚の長さは左右3cmほどずれていて、骨盤も緩んでさらに歪みもあり…
背中も歪みもあり生理的湾曲が弱く、首に至っては先生に驚かれるほど歪んでいました。

こんなに歪んでいては今まで様々なダイエットを試してきましたが何をやっても痩せるわけもなく… 通院して全身の歪みを矯正してもらうことになりました。

私が通っていたところは1回1時間の施術で4000円ほど。 回数券の購入もできます。
カイロプラクティックは接骨院などで行う施術と違い、痛みが少ないです。マッサージのような感覚ですね。なので気軽に通うことができました。

週1回~2週間に1回のペースで半年ほど通い、産後半年経ったころには妊娠前の体重より1kg痩せていました。
体重だけでなく、気にしていた下半身もほっそりとして妊娠前に履けなかったズボンが履けるように! また全身の歪みをとったことで、歪みからきていた不眠症や腰痛、生理痛などの様々な身体の不調もほとんど改善されました。

姿勢もよくなったおかげで友人からも褒められました。 矯正前に比べて体型もスリムになり姿勢もよくなり身体の不調も改善… 一石三鳥です!

今はもうカイロプラクティックに定期的には通っていませんが、また身体が歪んでしまわないように普段から良い姿勢を心がけて適度な運動は欠かさないようにしています。