骨盤ダイエット

骨盤から始める産後ダイエット

妊娠・出産によりついてしまった余分なお肉。元気な赤ちゃんを産むために必要だったとはいえ、できることなら、すっきり落とし、以前のスタイルを取り戻したいと思うのが女心です。

出産時には、赤ちゃんを外に出すため、一時的に骨盤が開き、赤ちゃんが産道を通る隙間ができます。この開いた骨盤は、通常、3~4ヶ月である程度元に戻るのですが、体の歪みや姿勢など、ちょっとした習慣できれいに戻らないことがあります。骨盤が開いたままだと、内臓が正しい位置に収まらず消化が悪くなったり、血流が低下し、脂肪が燃焼されにくくなったりします。そのため、ついてしまった余分なお肉が落ちにくくなるだけでなく、太りやすい体質になってしまうのです。

そこで、試していただきたいのが、「骨盤ダイエット」。開いてしまった骨盤を正常な位置に戻し、痩せやすい体質へ導いてくれます。

産後の骨盤ダイエットの方法

「骨盤ダイエット」は、悪露が落ち着く産後2ヶ月頃から、骨盤の位置が定着してしまう6ヶ月頃までを目安に行います。ただし、産後の体はデリケートですので、無理は禁物です。

まず、骨盤を正すために腰に巻く骨盤ベルトやガードルタイプのリフォームインナーを使い始めましょう。これらの矯正下着は、ダイエットへの効果だけでなく、腰痛対策にも一役買ってくれます。ポイントとしては、骨盤ベルトはきつく締めすぎないこと、リフォームインナーの場合は、苦しくないよう適切なサイズを使用することです。リフォームインナーについては、ホック等でサイズ調整可能なタイプを購入すると体型の変化に対応でき、長期的に使うことができます。

また、骨盤を矯正するのとともに、並行して、骨盤を支える筋肉を鍛えるため「骨盤エクササイズ」を行います。おすすめなのはエクササイズとして、Mikacoさんが提唱するインスパイリングエクササイズです。このエクササイズは、特別な器具もいらず、部屋の広さも問わないので手軽に始められます。これを行うことによって骨盤の位置を矯正しながら、骨盤を支えるインナーマッスルを強化することができます。

骨盤を正して、おなか周りについてしまった余分なお肉を落とし、産後のすっきり体型を目指しましょう。