産後ダイエットに試したい方法

産後、出産前の体型に戻るまでには個人差があります、おおむね3ヶ月~6ヶ月という事例が多いです。

無理なく続けられる方法はいくつかありますが、ここでは、

  1. 骨盤を矯正する
  2. 母乳をあげる
  3. 栄養を摂る
  4. 適度な運動をする

以上の4つについて、詳しく見ていきましょう。

骨盤矯正をする

 骨盤が開いたままの状態では、体重が減ってもお腹周りに脂肪が残ってしまいます。

 骨盤矯正ベルトや、補正下着を着用してゆっくり引き締めていきましょう。

母乳をあげる

 母乳の成分のほとんどは水分です。水分補給をすることで、母乳の出も良くなります。

 早期職場復帰、母乳の量が少ないなど完全母乳が難しいケースもありますが、

 母乳は赤ちゃんが吸って刺激を与えると出るしくみになっています。

 おフロで乳頭や乳腺をマッサージしたり、ハーブティーを摂ります。

 ハーブはフェンネル・レモングラス・ルイボス・ダンデライオンなどの成分が

 母乳に良いとされていますが、市販品でマタニティ用にブレンドした商品もあります。

 

栄養を摂る

 適切な量と質の食事を摂ることが、お母さんと赤ちゃん双方にも健康によいことです。

 間食やおやつは、市販のおかしは甘味料が含まれてるので、

 果物を摂るようにします。

 お茶や麦茶で水分を摂り、おにぎりや蒸かしたいももオススメです。

適度な運動をする

 新生児期は、ベランダやお庭で少しづつ外気浴させて、徐々に外気にならします。

 直射日光は避け、お天気の良い穏やかな日を選び、短時間から始めます。

 赤ちゃんの首が座り、お母さんもだっこが上手になったらいよいよお出かけデビューです。

 赤ちゃんがお腹いっぱいで、睡眠が取れている状態がよいです。

 人のいない空いた時間帯に、ベビーカーで近所の慣れた道や、公園などがよいです。

 買い物や、銀行の用事など人混みの多い場所へ行くときは、なるべく短時間で済ませます。

家族が増えて喜びもひとしおです。赤ちゃんと二人三脚で、キレイなママを目指しましょう。